梅雨の手前のツツジとお仕事模様その4 後編

お知らせ, フレンドワーク

五月も下旬になると、気温もぐっと夏日を超えるほどに上がります。

先週の終わりから今週にかけては雨が降ったり、ぐずついたりで、どよーんとした空気に。

湿気も増えて、蒸してきて体調の変化も変わりやすい季節です。

時には気分を入れかえられるよう、お気に入りのグッズや音楽がそばにあるといいですね。

こんにちは。フレンドワークです。

今日は先週に引き続き、お仕事模様四回目の後半になります。

訳あり糸たちの華麗なる変身、いろいろな作品を作ってくれるUさんにもう少し迫ってみます。

―手編みの作業はいかがですか?

「とても集中しています。そのおかげで時折、熱中するあまり腱鞘炎になることもあります」

―やはり細かい作業が続くと、腕や手に大きな負担がかかる作業なのですね。

「目が細かいので大変な時もありますが、楽しいことも多いですね」

―なるほどー。

―配色やデザインなどはどうなさっているのですか?

「この作業所にある糸の中から選んで、色やデザインをイメージしています」

―ご自身でですか?

「そうです。好きなものを色々作らせてもらっています」

―大変すばらしいです。

一つ一つ、実に丁寧で細かい編み物です。

今この方のみならず、様々な方法で編まれた作品が、

桜井市の「とれとれ市場」さんにて、発売中でございます。

是非、お近くを立ち寄られた際は、手に取っていただけますと幸いです。

このような困難にあればこそ、人の手が編んだ手作りの一品はいかがでしょうか?

それでは、次週はもうお一方、手作りされている方のお仕事模様をご紹介します。

おたのしみに!

文責:フレンドワーク

関連記事一覧